1. ホーム
  2. 飛蚊症の特徴と原因
  3. 目の構造

目の構造

飛蚊症は目の異常ですので、その対策には眼球の構造を正しく理解することが必要不可欠です。
といっても、理科の勉強のように各部位の詳細な名称や働きまで覚えるのではなく、飛蚊症に関わりが深いところだけを理解すれば十分です。

硝子体とは?

まずは、飛蚊症の直接の患部である硝子体 (しょうしたい) を説明しましょう。
硝子体は、眼球の中心の大部分を占めているゼリー状の物質です。
目の断面図で示すならば、下図の水色の部分です。

硝子体の成分は 99% が水です。
そのほかの微少な成分としてコラーゲンやヒアルロン酸を含みます。
眼球内のほとんどの器官には、光を屈折させたり、目の向きを変えるなどの機能がありますが、硝子体にはそのような機能はありません。
単なる水の固まりと言っても過言ではないでしょう。
ただし、硝子体には重要な役割があります。
それは眼球の丸い形を維持することです。
硝子体の部分が何もない空洞だとしたら、眼球はひしゃげてフニャフニャになってしまいます。

通常、硝子体は無色透明で、目に入った光をきれいに網膜まで透過させます。
飛蚊症は、硝子体が何らかの原因で混濁してしまうことによって起こる症状です。

その他の器官の役割

硝子体以外の眼球内器官は、下図のようになっています。

角膜
眼球の最も外側にある厚さ約1ミリの透明な膜です。
目に入った光を屈折させる働きがあります。
虹彩
瞳孔の大きさを調節する膜です。
外眼筋
眼球の向きを変えるときに使う筋肉です。
水晶体
瞳孔から入った光をさらに屈折させる器官です。
毛様体
水晶体の厚さを調節する筋肉の集まりです。
脈絡膜
硝子体と水晶体を覆っている薄い膜です。
血管が通っていて、眼球の各器官に栄養を運んでいます。
網膜
角膜から入った光の最終到達点であり、視細胞が集まっている膜です。
ここで光が電気信号に変換され、視神経に送られます。
視神経
電気信号に変換された光の情報を脳に送る神経です。
ここではじめて「見える」という感覚が生まれます。