1. ホーム
  2. 飛蚊症関連 用語集

飛蚊症関連 用語集

下記プルダウンメニューから50音検索できます。

目の構造

黄斑部
網膜の中心部にある、視細胞が集まっているところ。
外眼筋
眼球の向きを変えるときに使う筋肉。
角膜
眼球の最も外側にある透明の膜。
目に入った光を屈折させる働きがある。
虹彩
瞳孔の大きさを調節する膜。
視神経
網膜で作られた電気信号を脳に送る神経。
硝子体
眼球の大部分を占めるゲル状物質。
飛蚊症はこの硝子体が混濁することによって起こる。
水晶体
目に入った光を屈折させるレンズ。
ぶどう膜
虹彩、毛様体、脈絡膜をまとめて呼ぶ。
脈絡膜
硝子体と水晶体を覆っている薄い膜。
栄養素を運ぶ血管がある。
網膜
目に入った光を電気信号に変換する視細胞が集まっているところ。
毛様体
水晶体の厚さを調節する筋肉の集まり。
ロドプシン
網膜の視細胞にある色素。
これが退色・合成を繰り返すことにより、電気信号が発生する。

病気・症状

黄斑変性症
視細胞が弱る病気。
進行すれば失明の可能性もある。
眼精疲労
疲れ目が進行し、頭痛や肩こりなどの諸症状を起こすようになった状態。
眼底出血
網膜の毛細血管から出血する症状。
多くは糖尿病が原因で起こる。
硝子体全体を濁らせて失明に至る。
後部硝子体剥離
離水により、硝子体の後部が網膜から剥がれる症状。
酸化
物質が電子を奪われること。
私たちの体も電子を奪われることによって酸化し、老化していく。
硝子体出血
眼底出血に同じ。
生理的飛蚊症
先天的飛蚊症、または老化による飛蚊症。
先天的飛蚊症
胎児の時に硝子体に通っていた血管が残存していたことにより、
その血管のクズが見えてしまう飛蚊症。
放置しても問題ない。
疲れ目
目の酷使により、目が疲れてしまうこと。
眼精疲労の手前の状態。
糖尿病
血糖値が過剰になる病気。
血管を糖化させて脆くし、眼底出血の原因になることがある。
白内障
水晶体が白く濁る病気。
飛蚊症
硝子体内の浮遊物が視界に映ることにより、
蚊や糸くずが飛んでいるように見える症状。
当サイトのテーマ。
ぶどう膜炎
ぶどう膜に起こる炎症。
白血球などが硝子体に入り込むことで飛蚊症の原因になる。
網膜剥離
網膜が色素上皮から剥がれる症状。
視細胞へ栄養が行き届かなくなり、失明に至る。
網膜裂孔
後部硝子体剥離によって、まだ網膜と接合している部分が引っ張られ、
網膜に孔が空いてしまった状態。
網膜剥離の原因になる。
離水
硝子体から液体部分が分離し、液体の固まりが浮遊する症状。
緑内障
眼圧が異常に上がってしまう症状。
日本では失明の最大原因となっている。
老化
体が酸化されて痛んでしまった状態。
飛蚊症の多くは硝子体の老化によって起こる。

栄養素・食品

DHA
ドコサヘキサエン酸。
悪玉コレステロールを駆除して、血管の酸化を防ぐ働きを持つ。
βカロテン
体内でビタミンAに変化するカロテノイド。
アントシアニン
ブルーベリーに多く含まれる青い色素。
高い抗酸化性を持ち、眼精疲労にも効果を発揮する。
カロテノイド
抗酸化性の強い、特定の構造を持つ物質の総称。
リコペン、ルテイン、ゼアキサンチンなどもカロテノイドの一種。
抗酸化ビタミン
抗酸化性の強いビタミン。
ビタミンEとビタミンCなどが該当する。
抗酸化物質
体を酸化から守ってくれる物質全般。
コラーゲン
肌の弾力・ツヤ・ハリなどを支えるたんぱく質。
硝子体の弾力もコラーゲンによる。
コンドロイチン
正式にはコンドロイチン硫酸。
コラーゲンの配列を正しく保つムコ多糖類。
ゼアキサンチン
ルテインとともに体内に存在するカロテノイド。
性質はルテインとほぼ同じ。
ビタミンA
抗酸化力の強いビタミン。
体内でβカロテンが変化して生成される。
眼精疲労を防ぐ効果がある。
ビタミンB2
過酸化脂質を分解する働きがあるビタミン。
ビタミンC
肌の健康に良いことで有名なビタミン。
血管を丈夫にする働きもあり、眼底出血などの目の症状を防いでくれる。
ビタミンE
抗酸化ビタミンのひとつ。
結構を良くする効果もある。
ビルベリー
通常よりも多くのアントシアニンを含むブルーベリー。
北欧の白夜となる地域でしか育たない。
ブルーベリー
アントシアニンを多く含む果実。
目の健康全般に良いとされる。
メグスリノキ
樹皮に目の健康に有効な多くの成分が含まれる木。
日本にしか自生しない。
メゾゼアキサンチン
ゼアキサンチンの中でも黄斑部にしか存在しない種類。
ルテイン
人間の目にゼアキサンチンとともに存在するカロテノイド。
高い抗酸化性を持つ。
黄斑部の黄色はこの2種類のカロテノイドによる。

リスクファクター

青色光
可視光線の中で最も高いエネルギーを持つ光。
そのため、紫外線に次いで目に有害である。
悪玉コレステロール
血液をドロドロにするコレステロール。
過酸化水素
活性酸素の一種。
白血球から作られ、細菌類を酸化させて殺してくれる。
しかし、最近だけでなく正常な細胞まで酸化させてしまうことがある。
活性酸素
酸化力が特に強い酸素。
免疫としての役割がある一方で、体内を酸化させて弱らせる欠点を持つ。
近紫外線
紫外線の中でも、角膜を通過して水晶体まで届く光。
活性酸素を発生させて、目の内部を酸化させる。
紫外線
太陽光の中に含まれる、目や肌にさまざまな化学変化をもたらす光。
体がこの光に照射されると、活性酸素を発生させやすい。
フリーラジカル
不対電子を持つ物質。
そのため、他の物質から電子を奪って安定化しようとする。
体内に入ると、体はこれに電子を奪われて酸化してしまう。