1. ホーム
  2. 目を健康にするさまざまな栄養素
  3. ビタミン類

ビタミン類

ルテイン、アントシアニンに次いで、目の健康を守ってくれるのはビタミン類です。
もちろん、ビタミン類は全身の健康を維持するのに重要な栄養素ですが、ここでは目の老化を防ぐ性質に注目して、特に有効なビタミンを紹介しましょう。

ビタミンE : 強力な抗酸化物質

ビタミンEは、フリーラジカルによる酸化から体を守る栄養素です。
特に脂質の酸化を防ぐ性質が強く、血液中に過酸化脂質が溜まって動脈硬化が発生するのを予防してくれます
この作用は網膜の毛細血管にも働くため、目の老化を防ぐ効果があります。
ビタミンEには、このような抗酸化作用に加えて、ルテインやアントシアニンを安定化させ、吸収効率を上げる働きもあります
目の健康を守る上では極めて重要なビタミンといえるでしょう。
ビタミンEは、大豆、アーモンド、落花生などの種実類や青魚に多く含まれます。

ビタミンB2 : 酸化された脂質を分解

ビタミンB2には過酸化脂質を分解する働きがあります
そのため、抗酸化物質というよりは、酸化してしまった物質を処理するものです。
体内には酸化されやすい脂質がたくさんあります。
コレステロールが酸化されれば、皮膚や内臓の老化を早めることになります。
視神経などにもリン脂質が多く、これが酸化すれば、目はどんどん老化してしまいます。
ビタミンB2は、レバー、ウナギ、ドジョウ、緑黄色野菜、アーモンドなどに多く含まれています。

ビタミンC : 目をウイルスから守る

ビタミンCは免疫力を向上させ、万病治療の元になる栄養素です。
白血球、マクロファージといった抗菌物質を増やしてくれるので、ビタミンCが豊富な人は風邪や傷も治りやすくなります。
もちろん、目に侵入してくるウイルスにも大きな効果を発揮します。
水晶体が白く濁ってしまう白内障は、明確な原因が分かっていませんが、水晶体上皮に付着したウイルスが原因ではないかと考えられています。
これにより、ビタミンCに水晶体の老化を防ぐ効果があることが注目されています。

ビタミンA : 眼精疲労を防ぐ

網膜のロドプシンはビタミンAから作られます。
ブルーベリーに含まれるアントシアニンはロドプシンの合成を促しますが、その原料となるビタミンAが不足していては意味がありません。
眼精疲労が起こりやすい人は、ビタミンAにも気を配りましょう。
ビタミンAは、体内でβカロテンが変化して生成されます。
よって、緑黄色野菜を摂ることにより、ビタミンAを補給することができます。
緑黄色野菜にはルテインも多く含まれているため、一石二鳥です。
ウナギ、レバー、ホタルイカなどには、直接ビタミンAの形で多く含まれています。